日々の役立つ旬情報をお届けします!

テセウスの船のオレンジジュースを持っている男は安藤政信?5話あらすじと犯人は原作と違う可能性も

 
この記事を書いている人 - WRITER -

2020年1月に始まったドラマ『テセウスの船』は、警察官の父親が起こした殺人事件によって失われてしまった家族の笑顔を取り戻すために、息子の心が真実を追うミステリーです。

回が重ねるごとにいろいろな謎が出てきますが、5話ではついに、文吾の無実を証明してくれる「松尾」という女性が現れます。

そこで今回は、5話のあらすじ犯人の可能性が高いオレンジジュースを持っていた人物は誰なのかについても考察していきたいと思います。




 

テセウスの船5話あらすじ

松尾は、翼の婚約者の佐々木紀子(芦名星)でした。

一度は紀子は証言を拒否しますが、心の説得や拘置所にいる文吾に会いに行ったことから証言をする決意をします。

心は、紀子の家に真相を聞きに行くと、義理の母さつきに言われて鈴も来ました。

さつきからは、もしも紀子が真相を話しそうになったら、これを飲むようにと睡眠薬を渡されていたのです。

そこで、紀子が真相を話そうとした瞬間に、鈴は睡眠薬を飲み倒れます。

鈴が倒れた隙に、さつきが紀子の家に来て証言をしないように話します。

しかし紀子は、それを拒否するのでした。

その後紀子は死んでしまい、さつきは救急車で運ばれます。

 

オレンジジュースを持った男は誰なのか?

5話のラストでは、病院に入院するさつきのもとにオレンジジュースを持った人物が現れます。

その人物は誰なのでしょうか?

病院の廊下を歩く足元しか映っていませんでしたが、男性でした。

なぜオレンジジュースを持っていたのでしょうか?

なにかを知っているさつきも犯人から狙われるハメになるのでしょうか。

歩いていることから、息子のみきおではないように思えますが、もしかしたら、みきおは歩けないふりをしているだけで、本当は歩けるのかもしれませんね。




 

みきお(安藤政信)は犯人じゃないのか

原作での犯人は、安藤政信さんが演じる加藤みきおです。

しかしドラマオリジナルの「テセウスの船」は、原作とは違うようです。

これまでの話でも、

ドラマの中で、犯人が犯行記録を残していく方法が

  • 原作: カセットテープ録音
  • ドラマ: ワープロ

音臼小事件の起きた日付と会が、

  • 原作  6月24日 お泊り会
  • ドラマ 3月24日 6年生を送る会

三島明音については

  • 原作:亡くなってしまう
  • ドラマ:助かる

と異なる点がありましたから、犯人も原作とドラマでは異なるのかもしれません。

原作者の東元俊哉さんも、原作とは違う真犯人になると話しています。

となると、犯人は一体誰なんでしょうね。

自ら命を懸けてまで紀子に証言させないようにしていたさつきがやはり怪しいですし、もしかしたら、単独犯でなく複数犯かもしれないとも思えますね。

<関連記事>

【テセウスの船】漫画原作の最終回ネタバレ!真犯人の加藤みきおの動機について考察

テセウスの船の金丸茂雄役のユースケ・サンタマリアの評判は?突き落とした犯人は2人いる?

テセウスの船で不気味な絵を描いた犯人は長谷川翼か?2話あらすじと小学生の可能性も考察

テセウスの船ドラマで犠牲者の名前がしりとりで繋がる?第3の犠牲者・犯人を考察

テセウスの船のドラマで女の子役白鳥玉季がかわいい!佐野鈴役の姉御な性格や演技力もスゴイ!

【テセウスの船】は実話なのか?音臼小事件は過去の3つの実在事件に酷似している!

【テセウスの船】ドラマの結末は変わるのか?原作との違いやオリジナルシーンのまとめ

 

まとめ:犯人は原作と違う可能性あり

ドラマ『テセウスの船』の5話あらすじと、真犯人はだれなのか、オレンジジュースを持っていた男性が真犯人なのか?とご紹介しました。

原作者の東元俊哉さんも原作とオリジナルドラマでは犯人が違うということも言っていますので、ドラマでの犯人は安藤政信さん演じる加藤みきおではないのかもしれません。

原作と異なるとなると、ますます次回が楽しみになりますね!




この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 旬キャッチャー , 2020 All Rights Reserved.