お得暮らし

水着マスクのデメリット・メリットは?息苦しさや効果・感想についても

使い捨てマスクの品薄状態が続いているため、布マスクを使用している方も多いですよね。

布マスクは、使い捨てマスクより洗って繰り返し使えるので便利ですが、繰り返し洗ううちに型崩れしてしまったり、縮んできてしまったり・・・。

そこで私は、布マスクと併用して「水着マスク」を使用しています。

水着マスクってご存知ですか?

布マスクよりも使いやすくて、これから暑くなる季節を前に注目が集まっています。

そこで今回は、水着マスクのメリットや価格、入荷や在庫状況、口コミを調べていきたいと思います。




水着マスクとは?

マスクと言えば、布やウレタン・ポリエステルなど様々な素材のものがあります。

そんな中、「水着マスク」は、その名のとおり、水着の素材でできたマスクなんです。

水着は、ポリエステルとポリウレタンでできていて、さらっとしてつるつるした感触の生地でできています。

なので、水着マスクもつるっとした感触のマスクです。

水着マスクのデメリットは?

息苦しさについて

水着は水の中でも体にフィットするので、息苦しさがあるのではないのかと思っていました。

しかし、実際に付けてみたところ、息苦しさはまったくありませんでした。

それどころか、マラソンをして息が荒くなった場合でも、普通のマスクより息をしやすいそうです。

今のところ、使ってみた感想としてデメリットはまったく感じられませんでした。

水着マスクのメリットは?

繰り返し使える

水着の素材なので、当然のことながら水に強く、繰り返し洗って使えます。

乾きが良い

水着を洗ったときのことを思い出していただければわかると思いますが、水着素材は布より乾きが早いので、乾けばすぐに使えます。

アイロンがけがいらない

綿やガーゼの布マスクは洗うとどうしてよれてしまってアイロンがけをしなくてはならないこともありますが、水着素材はアイロンがけが不要ですから、洗ったあとの手間もかかりません。

付け心地がよい

使い捨てマスクは、少しごわごわした感触を感じますが、水着素材のマスクはとても柔らかく、つけたときの感覚がまるで違います。

また、軽いため長時間つけていても、顔を優しく包んでくれる気持ちよさを感じます。

顔にフィットする

水の中で動いてもずれない水着素材ですから、伸縮性が高く、付ける人の顔にフィットするので、隙間ができづらく、飛沫感染もしづらくなります。

耳が痛くならない

長時間布マスクをつけていると、耳が痛くなりませんか?

この水着マスクは耳が痛くなりません。

 




水着マスクの効果・感想

水着マスクを作っている富樫縫製の富樫三由さんによると、水着マスクは、せきやくしゃみが飛び散ることや花粉を防げるそうです。

またネットでの評判も上々です。

フィルター機能も布マスクよりいいですね。

いっそのこと、アベノマスクを水着マスクにしてもらいたいものですね。

水着マスクの購入方法と入荷状況

水着マスクは、通販を利用して購入している方が多いようです。

「どこで購入できるの?」とSNSでも話題になっていますが、わたしは楽天の『Angel Luna』で購入しました。

こちらのものは、マスクの枚数も5枚・10枚・15枚とバリエーションがあったり、マスクの内側にポケットがあり、中に入れるカットガーゼとのセットになっているマスクもあります。

わたしが購入したものは、現在は大人気のため、5月上旬の発送となっています。

まとめ

今回は、水着マスクのメリットや価格、使ってみての感想や口コミ、通販での入荷状況を調べてみました。

まだまだマスクをせずに生活できそうにありませんし、これから蒸し蒸しといた季節にもなるので、さらっとした素材の水着マスクの準備をしておくといいですね!