ドラマ

【テセウスの船】漫画原作の最終回ネタバレ!真犯人の加藤みきおの動機について考察

2020年1月から、ドラマ『テセウスの船』がスタートします。

ドラマ『テセウスの船』の原作は、2017年からモーニングに連載され、すでに完結している東元俊哉さんの漫画です。

原作からは、サスペンスやファンタジー、親子の絆など、いろいろな要素を感じることができます。

今まで観たことのないタイプのドラマになりそうなので、ちょっとドキドキしながら楽しめそうですよ。

 

31年前にある小学校で連続毒殺事件が起こります。

その事件の犯人は、主人公の田村心(竹内涼真)の父親の佐野文吾(鈴木亮平)。

心は、その事件のせいで常に世間の目を気にしながら暮らす毎日でした。

本当に父は犯人なのか?と疑問を抱いた心は、事件の起きた場所に行きます。

すると、いきなり31年前にタイムスリップしてしまいます。

心は、父親の冤罪を晴らすことができるのか、気になりますよね。

 

そこで今回は、漫画原作のネタバレ真犯人は誰なのか真犯人が事件を起こした動機などをご紹介したいと思います。



『テセウスの船』の漫画原作のあらすじ

 


では、早速あらすじをみていきましょう。

 

父親が無差別殺人で逮捕

主人公の田村心は、警察官の父・文吾が無差別殺人事件を起こして逮捕された過去を持って生きてきました。

この事件は、31年経った今でも誰もが知っている史上最悪の殺人事件です。

その内容は、小学校のお泊り会で、青酸カリ入りのオレンジジュースを飲んだ21人が死亡するという残忍なものでした。

父の文吾は、31年前に逮捕されて死刑判決を受けましたが、今でも冤罪を訴えています。

父が逮捕された時には、心は母のお腹の中にいたのでした。

 

由紀との出会い

大人になった心は、学生時代に知り合った由紀と結婚します。

由紀は、事件のことを調べ、「お父さんは冤罪の可能性が高いのでは?お父さんを信じてみて。」と心に言います。

そして、由紀は女の子を出産後、死んでしまいます。

 

タイムスリップ

心は由紀の言葉を信じ、31年前に事件のあった小学校に行きます。

すると、心は突然霧に包まれ、事件が起こる直前の1989年にタイムスリップしてしまいます。

そこで心が目にしたのは、今とは正反対の明るく笑う母と優しい父でした。

心はそんな父を見て、冤罪を信じ始めます。

そこで心は、事件を止めようと過去を変えるために行動を起こし始めるのです。

 

『テセウスの船』犯人ネタバレ

『テセウスの船』犯人は?

その後、心が今の世界に戻ると、未来が変わっていました。

しかし、事件の詳細は変わっていたものの、父が犯人であることは変わっていませんでした。

さらに、事件のあと母は一家心中をおこし、母と兄は死に、姉と心だけが生き残っていました。

姉の鈴は名前と顔を変えて別人として、車椅子生活の夫の村田みきおと暮らします。

そんな中、父親の事件の冤罪立証に協力してくれるという証言者が現れます。

しかし、証言者の紀子は家にきた元教師の木村さつきに刺されて、殺されてしまいます。

木村さつきは、小学校の事件で生き残った先生ですが、事件の後に鈴の同級生の加藤みきおを養子にしていました。

実は加藤みきおは、鈴の夫のみきおだったのです。

 

『テセウスの船』犯人の動機は?

彼は、小学生の時に隣の席になった鈴を好きになります。

鈴を自分のものにするために、事件を起こしたのです。

そして、そのことを木村さつきも知っていました。

みきおは当時、鈴から「好きな人はいないけれど、結婚するならお父さんのような正義感のある人がいい」と言われます。

しかしそれに不満を感じたみきおは、鈴の父親の文吾を陥れようと事件を起こしたのでした。

 

『テセウスの船』犯人をめぐる最終回

心は、みきおと再び過去に行きます。

みきおは、鈴を手に入れるために文吾を殺そうとしますが、心がそれを阻止します。

その際に心は死んでしまいますが、小学校での大量殺人は阻止され、みきおは殺人犯として捕まります。

そして、改めて未来で、心は文吾の子供として生まれ、由紀と再び出会い結婚するのです。




 

『テセウスの船』真犯人加藤みきおの人物像を考察

加藤みきおは、心の姉・鈴の同級生でした。

みきおは転校生で、一見おとしなしそうな感じの少年です。

しかし、家庭環境が複雑で、父親はおらず、母親を早くに亡くしてしまい祖母と暮らしていました。

祖母も病気になり、その後、担任であった木村さつき先生が養子として引き取り、木村みきおとして生きることになります。

みきおは、無差別毒殺事件の後遺症と偽り、車椅子生活をしていました。

そして、心の姉の結婚相手は、村田みきお=木村みきお=加藤みきおだったのです。

ドラマのホームページでは、まだ加藤みきおという役名は出ていませんが、役名「車椅子の男」が加藤みきおだと思われます。

加藤みきおは、生い立ちから気弱で自分に自信がないけれど、心の姉を必ず手に入れたいという執念深いところもあるという性格のようですね。

 

まとめ

ドラマ『テセウスの船』の真犯人は、車椅子の男・加藤みきおということがわかりました。

加藤みきおが事件を起こした動機は、みきおが心の姉、鈴のことが好きで、鈴は父のように正義感が強い人がタイプだと言ったことから、自分と正反対の性格だと思った加藤みきおが父を陥れようと起こしたものだということがわかりました。

「嫉妬心」が動機ということですね。

過去と未来が錯綜するお話ですから、毎週見逃せませんね!