映画

映画ハーレイクインはサプライズがたくさんある?あらすじと原題のバーズオブプレイの意味についても

映画『ハーレイクインの華麗なる覚醒 birds of prey』が2020年3月20日(金)に公開されます。

ハーレイ・クインは、バットマンシリーズのヴィランであるジョーカーの彼女として有名です。

今作は、そんな彼女を主人公をした物語です。

予告編では、いきなりジョーカーと破局したことが分かりますが、その後のハーレイ・クインはどうするのでしょうか?

そこで今回は、映画『ハーレイクイン』のあらすじ見どころ原題のバーズオブプレイ(birds of prey)の意味や作品に込められたメッセージもご紹介したいと思います。




 

映画ハーレイクインのあらすじ

ハーレイ・クイン(マーゴット・ロビー)は、以前は精神科医として犯罪者たちの治療を行っていました。

しかし、自身が治療を行っていた凶悪犯罪者のジョーカーを好きになってしまい、ジョーカーのためならなんでもやってしまうように。

そして、ハーレイ・クインもジョーカーと同様にヴィランになってしまいます。

ヴィランとは「悪役」という意味です。

そのため、ハーレイクインはどんどん悪行を行っていき、様々な悪者から恨まれてしまうようにもなっていってしまいます。

しかし、ハーレイクインは言いなりだったジョーカーと破局してしまいます。

ある時、カサンドラ・ケインというダイヤを盗んだ少女をめぐり、ブラックマスクというヴィランと対決していくことになります。

またハーレイクインは、自分以外にも自由を欲している女性たちと出会い、自由を手に入れるためにお互いに協力しながら行動していきます。

こうして、ハーレイクインは、華麗なる覚醒を見せていくことになるのですが・・・。

 

映画ハーレイクインのバーズオブプレイ(birds of prey)の意味とは?

原題のタイトルであるーズオブプレイ(birds of prey)」には、どのような意味があるのか気になりますよね。

英語の「birds of prey(バーズオブプレイ)」の意味は、「猛禽」です。

「猛禽」とは、攻撃性の高い鳥類のことです。

そして、劇中では、ハーレイクインは、自由を欲している女性たちと協力していくのですが、そのチーム名こそが「バーズオブプレイ(birds of prey)」なのです。

そのどう猛な名前からも、ハーレイクインの結成したチームの強さが伝わってきますね。




 

さらに、原題にも注目が集まっています。

原題は、『Birds of Prey(and the Fantabulous Emancipation of One Harley Quinn)』です。

どんな意味とその言葉からどんなメッセージが込められているのでしょうか。

「and the Fantabulous Emancipation of One Harley Quinn」を直訳すると、「さらに、ハーレイクインのすばらしい解放」となります。

きっと、作品的には「ハーレイクインがジョーカーからの束縛をから離れ、さらに女性としても、1人の人としても解放され、自由に生きていく」というメッセージなのではないかなと考えます。

 

映画ハーレイクインの見どころ

 

この投稿をInstagramで見る

 

That’s right, because she’s HARLEY 💥 FREAKIN’ 💥 QUINN! 💥 #BirdsofPrey, only in theaters February 7.

Birds of Prey(@birdsofprey)がシェアした投稿 –

「ハーレイクイン」の制作を自ら提案したマーゴット・ロビーは、インタビューで次のように話しています。

「ハーレイ・クインには友達が必要なんです。

彼女はおしゃべりが大好きだから、単独の映画よりも、誰かと組むような女ギャング映画であるべきだと思っています。

そういったアクション映画は劇場であまり観たことがないので、重要な要素のひとつとしたいですね。」

どうやら、サディスティックなキャラクターのハーレイ・クインを中心に「女ギャングが暴れまわる映画」というコンセプトのようです。

またマーゴット・ロビーの悪カワで華麗なアクションと、イカれた演技もなかなか楽しみですね。

ほかの女性キャラクターのアクションシーンやファッションなども注目したいと思います。

 

まとめ:サプライズも散りばめられている?

元カレヴィランのジョーカーが主人公の映画『ジョーカー』は世界的な大ヒット作になりました。

ハーレイクインも負けずに映画『ハーレイクインの華麗なる覚醒 birds of prey』も話題作になりそうな気がしますね。

今作の脚本を担当したクリスティーナ・ホドソンいわく、劇中には「大量のサプライズ”が用意されている」とのことなので、どんなストーリーになるのか楽しみです!