日々の役立つ旬情報をお届けします!

堀ちえみの肉声に感動!病気克服の原動力となった子供への愛情と子供の学歴が凄い!

2020/01/09
 
この記事を書いている人 - WRITER -

堀2019年2月19日に自身のブログで、「口腔がん」であることを公表したタレントの堀ちえみさん。

ステージ4という過酷な状況だったのですが、堀ちえみさんは子供たちの涙を見て、一度は緩和ケアを希望しながらも、闘病を決意したと明かしています。

闘病から見事復帰し、『徹子の部屋』でお話されている姿がとても印象的でした。

そこで今回は、ちえみさんに闘病することを決意させた子供たちについて調べてみたいと思います。




 

大家族な堀ちえみの子供は7人

80年代に人気アイドルだった堀ちえみさんは、現在7人のお子さんの母です。

ご主人を入れて9人家族!

大家族紹介番組に出られますね。

7人の子供のうち、5人はちえみさんの実子で、2人は連れ子だそうです。

堀ちえみさんは2度離婚されていて、最初の旦那さんとの間に3人、2番目の旦那さんとの間に2人、現在の旦那さんの連れ子が2人、の合計7人なのだそう。

複雑な家庭環境だけに、お子さんたち同士の仲は大丈夫なのかな?とちょっと心配になってしまいますが。

 

堀ちえみの子供の名前と年齢、性別は?

早速、ちえみさんの子供の名前と年齢(2020年1月現)、性別を見ていきましょう。

 

最初の旦那さんとの間の子供

  • 昂平(こうへい)さん 29歳 男
  • 健汰さん(けんた)さん 27歳 男
  • 叡弘(あきひろ)さん 26歳 男

2番目の旦那さんとの間の子供

  • 楓季(ふうき)くん 19歳 男
  • 彩月(さつき)さん 17歳 女

現在の旦那さん尼子勝紀さんの連れ子

  • 真由(まゆ)さん 22歳 女
  • 尋紀(ひろき)くん 20歳 男

堀ちえみの子供の高校、大学がスゴイ!

  • 長男の昴平さんは、清風高等学校を卒業し、近畿大学文芸学部に進学。
  • 次男の健汰さんは、西大和学園高等学校を卒業し、京都大学理学部生物学科に進学。
  • 三男の叡弘さんは、大阪学芸中等教育校を卒業し、立命館大学法学部に進学。

次男の健汰さんは、京大だなんて凄いですね。

西大和学園は中高一貫校ですし、夏休みも授業があるくらいの進学校ですから、さぞ勉強したことでしょうね。

特に中学受験は、親の受験というくらいですから、きっとちえみさんも仕事の合間に勉強をみてあげていたのでしょうか。

健汰さんは、ちえみさんが「勉強しなさい」と言わなくても自分から勉強して、逆に「もう勉強やめなさい」と言ったほどだったとか。

同じ母親としてうらやましい限りです(笑)

四男の楓季(ふうき)くんは、2019年3月に高校を卒業しています。

長女の彩月さんは、まだ高校生なので、ちえみさんももうひと頑張りしていただきたいですね。

堀ちえみは、連れ子とも仲良し

堀ちえみさんは5人の子供を出産後、2011年に尼子勝紀さんと再婚しています。

再婚相手の尼子勝紀さんには、2人の連れ子である真由さん(女)と尋紀さん(男)がいますが、ちえみさんは連れ子でも、自身が出産した子供のように可愛がっているようです。

特に真由さんを可愛がっているようで、ブログにも真由さんとショッピングに行ったことや、真由さんが作ってくれたうどんの写真を掲載し、「真由が作ってくれたうどん、いいお出汁で美味しかった」と紹介されていました。

尋紀さんは現在で、一人暮らしをしているようです。




堀ちえみの病歴

ちえみさんは、今回の口腔がん以外にもこれまでに多数の病と闘ってきました。

  • 特発性重症急性膵炎(とくはつせいじゅうしょうきゅうせいすいえん)
  • 特発性大腿骨頭壊死症(とくはつせいだいたいこつとうえししょう)
  • リウマチ
  • 神経障害痛疼痛(しんけいしょうがいつうとうつう)
  • 舌がん
  • 食道がん

そんなことから今回の口腔がん克服後、初のテレビ出演の『徹子の部屋』では

ぜんぶ意味があったんだな、って。

健康でいることは素晴らしいことだと思うんですけど、「なぜわたしが?」というふうに卑屈には絶対に思わないでおこう。

わたしはとてもいい経験をさせていただけたと、今元気になれたからようやく思えるようなりました。

と話されています。

堀ちえみの肉声に感動の声多数

『徹子の部屋』でのちえみさんの復帰に、多くの人が感動や勇気をもらっていたようです。

まとめ

堀ちえみさんの7人の子供について紹介しました。

堀ちえみさんは、ステージ4のがんを患っている事実を知ったときは、緩和ケアを選択し人生の幕を閉じてもいいと考えたようです。

でも7人の子供たちの自分を思う気持ちを知って、闘病することを決意したようです。

がん克服にはちえみさんのがんばりがあったのはもちろんですが、子供たちとちえみさんとの愛情が一番の薬になったのかなと感じました。




この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 旬キャッチャー , 2020 All Rights Reserved.