日々の役立つ旬情報をお届けします!

エールの藤丸役の井上希美の経歴がスゴイ!歌が上手い理由と演技力の評判も

2020/06/05
 
この記事を書いている人 - WRITER -

朝の連続テレビ小説『エール』で、「船頭可愛や」を歌う歌手の藤丸役を演じて注目が集まっている井上希美さん。

歌がとても上手ですが、なぜこんなに上手なのでしょう?

そこで今回は、井上希美さんの歌の評判や意外な経歴についてご紹介していきたいと思います。




エールで船頭可愛やを歌う藤丸役井上希美(いのうえのぞみ)の経歴

井上希美(いのうえ のぞみ)のプロフィール

  • 生年月日:1992年5月8日(28歳)
  • 出身:兵庫県神戸市
  • 学歴:東京フィルムセンタースクールオブアート専門学校総合俳優専攻卒業
  • 特技:歌、朗読、関西弁、書道師範の資格保持
  • 所属:CAMINO REAL

井上さんは、高校時代は放送部に所属し、3年時には第57回NHK杯全国高校放送コンテスト朗読部門で4位となり優秀賞を受賞しています。

高校卒業後は「もっと表現者としてのスキルを磨きたい」と舞台と映像の両方が学べるとして東京フィルムセンター映画・俳優専門学校で総合俳優専攻にて演技を学びました。

高校時代から、女優としての素養を持っていたんですね。

井上希美が歌が上手い理由は劇団四季出身だから

井上さんは、専門学校在学中に劇団四季研究所の研究生募集オーディションに合格し、2014年に入所します。

  • 2014年『ジーザス・クライスト・スーパースター エルサレム・バージョン』のアンサンブルで初舞台
  • 2015年『サウンド・オブ・ミュージック』のリーズル役
  • 2016年『ガンバの大冒険』の潮路役
  • 2016年『美女と野獣』ヒロイン・ベル役

と着実にステップアップを重ねてこられたようです。

劇団四季といえば、歌、ダンス、演技とすべてにおいてオーディションで配役が決まり、レッスンも厳しいと評判の劇団です。

そんなところで研鑽を積まれてきたからこそ、エールで、窪田正孝さん演じる裕一が作曲した「船頭可愛いや」も見事な歌唱力で歌っていたのでしょうね。

劇団四季時代の井上さんの舞台です。




井上希美の演技力の評判

井上希美さんは、『エール』出演以前にも、テレビドラマに出演されていました。

2019年4月8日~2020年3月27日放送の『やすらぎの刻~道』でしっかり者の根来信子役として出演されていました。

決してミュージカルの華やかさだけでなく、戦時中の控えめな真面目な女性を演じきっていたのですね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

「やすらぎの刻〜道」最終話。 たまらなく、心がぎゅっと締め付けられています。一年間見守って下さった皆様、本当にありがとうございました。 やっとやっとやっと、ゴールです。 根来信子を通して見えた、色とりどりの景色がありました。いつも家族の一歩後ろを歩いている信子だからこそ、見させてもらえた家族の表情がありました。 根来家はじめ、信子の人生と関わって下さった小野が沢の皆さん。心から、ありがとう。 そしてなにより、信子を産んで下さった倉本聰先生、心からありがとうございました。 やすらぎとの出逢いは、永遠に、私の特別な宝物です。様々な出逢いと別れ、すべてを心に留めて、これからの人生を強く歩んで参ります。 道は、つづきますから。 最後にもう一度。 応援してくださった皆様、本当にありがとうございました。 これにて、完結! #やすらぎの刻 #やすらぎの刻道 #テレビ朝日 #根来家 #信子 #井上希美 #一年間ありがとうございました

井上希美 Nozomi Inoue(@non_inoue)がシェアした投稿 –

このインスタのコメントからも、信子の役柄同様に、控えめながらも自分のやるべきことを一歩づつ進めてきた井上さんの心意気を感じますね。

井上希美のエール藤丸役の評判や評価は?

『エール』での評判も歌だけではないようです。

歌だけでなく、演技でもみなさん高く評価されているようですね。

目や表情で演技ができるので、舞台だけでなくテレビでの細かい表現もできる女優さんなのだなと感じました。

[box06 title=”あわせて読みたい”]エールの作詞家高梨一太郎役のノゾエ征爾の経歴や名前の由来が面白い!モデルや役どころも

エール(朝ドラ)のロケ地・撮影場所は福島と豊橋!窪田正孝目撃情報も![/box06]

まとめ

井上希美さんの歌や演技の評判や専門学校から劇団四季に入所した努力家な経歴についてご紹介しました。

井上希美さんは、今回朝の連ドラでは歌手役ですので、まさにハマリ役ですね。

井上さん演じる藤丸は、今後、音楽学校のプリンスである久志を好きになっていくようですので、どんな展開があるのかドラマもますます楽しみですね!




この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 旬キャッチャー , 2020 All Rights Reserved.