日々の役立つ旬情報をお届けします!

いいね!光源氏くんのドラマのあらすじや原作漫画からネタバレ!実写化の評判は?

 
この記事を書いている人 - WRITER -

えすとえむさんの人気漫画『いいね!光源氏くん』が、千葉雄大さんが主演でドラマ化され、NHK総合、毎週土曜夜11時30分~11時59分に放送されます。

内容は、地味で自分に自信がないOLの前に、「源氏物語」で、雅(みやび)の世に生きていた平安貴族・光源氏が出現!
こじらせOLと光源氏の奇想天外な千年の時を超えたラブコメディーを繰り広げます。

そこで今回は、ドラマ『いいね!光源氏くん』のあらすじや原作のネタバレから予想する結末をご紹介していきます。




 

いいね!光源氏くん(ドラマ)のあらすじ

メーカー勤務で一人暮らしのOL・藤原沙織(伊藤沙莉)は、美人の妹と比較されて育ち、地味な自分に自信がありませんでした。

そんな沙織が会社から帰宅したある日、疲れを癒そうとバリで買ったすだれとお香をセットしてうたた寝をしていると、すだれの向こうから突然、すだれをくぐって昔の格好をした男が現れたのです。

 

侵入者だと思いパニックになった沙織は、あわてて警察を呼びます。

しかし、その男が警察に取り調べを受けている間、端麗な顔立ちで平安貴族の衣装を着ていることから、ふと『源氏物語』の光源氏を思い出し、ついその名を口にしてしまいます。

すると男は、自分が光源氏だと言わんばかりに沙織に抱きつき、それを見た警察官はカップルのケンカだったのかと思い、帰ってしまうのでした。

 

沙織は、男が帰る所がないと言うので、しばらく居候させてあげることにします。

はじめは、ただのコスプレマニアの男と思っていましたが、男の言動から本物の光源氏なのではないかと思い始めるように。

妹の詩織に平安コスプレ男との同棲が知られてしまったり、源氏物語でライバルとなる中将も現れます。

居候生活はどうなるのでしょうか・・・。

 

いいね!光源氏くんの原作漫画ネタバレ

光源氏はなぜ沙織の部屋に来たのか

突然、沙織の部屋に現れた光源氏ですが、原作では、光源氏がどこかへ向かう途中に暗闇に迷い込んでしまい、さまよい歩いていました。

すると、すだれの向こう側に明かりを見つけ、人がいると思い開けると、そこは沙織の部屋だったというわけです。

実は、光源氏は須磨へ向かうところでした。

多くの女性と恋愛をしてきた光源氏でしたが、右大臣の娘との逢瀬が知られてしまったことから、自ら都を離れ、須磨で謹慎生活を送ることを決めてのことでした。

光源氏がSNSも操る?

現代にタイムスリップして初めて見るものに圧倒されていた光源氏でしたが、なぜここにきてしまったのか分かるまで、沙織の部屋に置いてほしいと沙織に頼みます。

沙織は、数々の女性の心を掴んできた光源氏の瞳に吸い寄せられて、思わず承諾してしまうのでした。

 

沙織は光源氏を「光くん」と呼び、現代の生活に合わせて二人で服を買いに行ったり、光は沙織からSNSを教えてもらい、自撮りや短歌を投稿したりもします。

光は、少しづつ現代の生活に馴染んでいっているように見えました。

しかしやはり、元居た時代に戻りたくなる光。

沙織の部屋に来た時のすだれを何度も開け、帰る方法を探っていました。

 

沙織は、どうやったら戻れるのか一緒に考えようと光に提案します。

そこで考えたのは、来た時と同じ状態にすること。

光が来た日は新月で、沙織はバリで買ったお香を焚いていました。

同じようにお香を焚いて、同じようにすだれをくぐれば元の時代に戻れるはずでは?と次の新月である三日後に行動しますが・・・。

交通事故で光源氏が消える?

ある日、二人が一緒に道を歩いていると、突然目の前にトラックが!

トラックが沙織にぶつかりそうになった瞬間、光は沙織を助け、同時に消えてしまいます。

 

皆既月食の夜、沙織は消えてしまった光を思っていると、部屋のすだれの向こうに人影が見えます。

「光くんが帰ってきた!」と一瞬喜んだ沙織でしたが、よく見ると光ではありませんでした。

光源氏のライバルとされる頭中将(とうのちゅうじょう)(桐山漣)だったのです。

頭中将は、光源氏を訪ねるために、同じく須磨に向かっている途中でした。

沙織は、頭中将を光のように居候させれば、また光と会う手掛かりが得られるかもしれないと思い、また居候させるのでしたが・・・。




いいね光源氏くん(ドラマ)の実写化の評判は?

原作漫画の実写化とのことで、評判を調べてみました。

千葉雄大さんの光源氏姿が、どハマリで美しい、似合っている、というコメントが多くありました。

たしかに、漫画から飛び出してきたようですね!

原作に沿った内容のようで、チョコレートフォンデュの虜になるシーンは原作と同じようです。

烏帽子は、現代でもかぶっているんですね。

個人的には、ジャージに烏帽子姿のミスマッチがとても気になりました。

 

まとめ

ドラマ『いいね!光源氏くん』のあらすじやネタバレ、前評判などをご紹介してきました。

平安から令和へのタイムスリップということですが、冬ドラマの『テセウスの船』もそうでしたが、最近のドラマは、タイムスリップものが流行りのようですね。

光は、無事元の世界に戻れるのでしょうか?

楽しみにしたいと思います。



この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 旬キャッチャー , 2020 All Rights Reserved.