日々の役立つ旬情報をお届けします!

一度死んでみた(映画)のロケ地・撮影場所は静岡と千葉!広瀬すず目撃情報も!

 
この記事を書いている人 - WRITER -

広瀬すずさんと吉沢亮さんが出演する映画『一度死んでみた』は、auのCM『三太郎』シリーズや家庭教師のトライ『トライさん』シリーズを手掛けた浜崎慎治(はまさきしんじ)さんが初めての映画監督を務め、ソフトバンクのCM『白戸家』シリーズを手掛けた澤本嘉光(さわもとよしみつ)さんが脚本を手掛けた作品です。

笑いと感動のハートフルS・F(死んだ・ふり)コメディです!なんて聞くと「見たい!!」と思いませんか?

そこで今回は、映画『一度死んでみた』の舞台となる静岡や東京都内の撮影場所についてご紹介したいと思います。




 

映画『一度死んでみた』のあらすじ

まず、簡単に映画のあらすじをご紹介します。

 

大学4年生の野畑七瀬(広瀬すず)は、製薬会社の社長である父親の計(はかる)(堤真一)と二人暮らし。

七瀬は、研究に没頭する仕事人間で母親の死に目にも立ち会わず、何かと口うるさく干渉してくる計のことが大嫌いでした。

そこで、自身のメタルバンドでは、「一度死んでくれ!」と日々父のことを毒づいています。

ところがそんなある日、計が本当に「一度死んで」しまいます。

実は計の会社で偶然出来上がった「一度死んで2日後に生き返る薬」を飲んだためだったのです。

でもそれば、計の会社を乗っ取ろうとする計画が企てられていると知り、真犯人を突き止めるための作戦だったのでした。

事情を知らず動揺する七瀬の前に、なんと計が「おばけ」となって現れます。

計の会社の社員で、存在感が薄すぎるせいで「ゴースト」と呼ばれている松岡(吉沢亮)から、ライバル会社と通じるスパイ社員の陰謀やそ父の死の真相を聞かされた七瀬は、「おばけ」の計、「ゴースト」の松岡とともに、その計画を阻止し、計を無事生き返らせようと乗り出しますが・・・。

 

映画『一度死んでみた』のロケ地・撮影場所は静岡のどこ?

広瀬すずさんがヘビメタでかなりぶっ飛んでる映画のようですが、一体どこで撮影をしているのでしょうか?

常葉大学:広瀬すず目撃情報も

映画では、広瀬すず演じる野畑七瀬は大学4年生ということで、こちらが通っている大学ということで撮影していたのでしょう。

広瀬すず、吉沢亮、堤真一の目撃情報がありました。

2018年9月23日から26日にかけてロケをしていたようです。




静岡県立美術館:広瀬すず・堤真一目撃情報も

静岡県立美術館でも広瀬すずと堤真一が目撃されています。

エキストラの募集もされていて、七瀬がライブをやるとして告別式を行ったホテルに見立てた葬儀のシーンを撮影していたようですよ。

静岡駅前:広瀬すず・吉沢亮目撃情報も

静岡駅前でも、広瀬すず、吉沢亮の2人が目撃されています。

いきなり駅前で撮影に出くわした方はさぞびっくりされたでしょうね。

青葉通り:広瀬すず目撃情報も

ここでも9月20日に広瀬すず、吉沢亮、堤真一が目撃されています。

こちらもエキストラが募集されていたようで、クリスマスシーンの撮影だったようです。

森下公園

JR静岡駅近くの森下公園でも広瀬すずが目撃されています。

常盤公園:広瀬すず目撃情報も

更にJR静岡駅から徒歩10分程度のところにある常盤公園でも、広瀬すずが目撃されています。

映画『一度死んでみた』のロケは千葉でも:千葉市美術館

広瀬すず扮する七瀬は、デスメタルバンドをやっていまますが、そのライヴシーンを千葉市美術館で撮影していたようです。

ここでは、堤真一や小澤征悦も目撃されています。

まとめ

映画『一度死んでみた』のロケ地・撮影場所をご紹介しました。

静岡は、広瀬すずの出身地ですので、ファンの方は映画を観たあとに美術館や公園などお散歩しながらのロケ地巡りも楽しめそうですね!




この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 旬キャッチャー , 2020 All Rights Reserved.