映画

キングダム2続編(映画)のきょうかい役キャストは山本千尋?キャラや性格から予想

2020年5月29日に映画『キングダム』の続編の製作決定の発表がありました。

ついに、続編では信が戦場に出ていきます。

ならば、信の傍らには、羌瘣(きょうかい)がいなくては!と思うのはわたしだけではないと思います。

キングダム1では、羌瘣(きょうかい)は登場していませんでしたが、きょうかいなくしてはキングダムは語れませんよね!

それくらい原作ではとても重要なキャラクターです。

そこで今回は、羌瘣(きょうかい)のキャラクターや性格についてや、その点を踏まえて誰が演じるのかを予想してみました。




羌瘣(きょうかい)ってどんなキャラクター?

キングダム1では、原作の5巻の成蟜(せいきょう)の反乱までが描かれていて、信が天下の大将軍になるきっかけとなったクーデターまででした。

でも、ここからさらに面白くなります!

そこで重要なのが、「羌瘣(きょうかい)」です。

羌瘣(きょうかい)とはいったいどんなキャラクターなのでしょう?

羌瘣(きょうかい)のキャラクター

羌瘣(きょうかい)は、信を陰で支える副長で、二刀流の女剣士です。

作品の中でトップクラスに強い女性キャラ。

幻とまで言われている刺客一族のひとりで、巫舞(みぶ)と呼ばれる独特の呼吸法を
用いながら戦います。

巫舞(みぶ)は、深い呼吸をすることで、現世から離れて人とは思えぬ速さで人々を抹殺していく、というとても殺傷能力が高い方法です。

舞のような優雅な戦い方は女性ならではとも感じます。

しかし、どれだけ強くても、羌瘣(きょうかい)は信が率いる隊の副長として離れることはありません。

羌瘣(きょうかい)の性格は?

羌瘣(きょうかい)は、隊の中で戦略を考案する知的な面もあります。

また、人を殺めることを何とも思っていなかった羌瘣(きょうかい)でしたが、信の男らしさと人間くささにほれ込んだりと、とても義理堅いところもあります。

義理堅いと言えば、バジオウもそうですよね!

漫画キングダム連載10周年実写特別動画の羌瘣(きょうかい)役は誰?

実は、2016年にはキングダム連載10周年を記念した映画のさきがけとなる特別動画が製作されました。

このときもキングダム1の映画同様、主演は山崎賢人さんでした。

そして、この動画で羌瘣(きょうかい)役を演じたのがアクション女優の山本千尋さんでした。

山本さんは、幼いころから中国武術を習っており、世界ジュニア武術選手権大会で、金メダルを2度獲得したり、ジュニアオリンピックカップ武術太極拳大会で、長拳・剣術・槍術で3連覇を果たすなど武術にとても長けた方です。

この特別映像では、振り付けはすべて山本さんオリジナルのものだそうです。

身のこなしはもちろん、身にまとった雰囲気が羌瘣(きょうかい)にぴったりですよね!




キングダム(映画)続編の羌瘣(きょうかい)のキャストは山本千尋?

前作では、美しくて強い羌瘣(きょうかい)を演じるのは誰なのか、ファンたちの間でもかなり論争となりました。

続編が製作されるということで、SNSでは、またいろいろなキャスト候補の名前が挙がっています。

羌瘣(きょうかい)役候補:山本千尋

山本さんは、やはり10周年実写特別動画での実績が推される理由でしょうか。

羌瘣(きょうかい)役候補:土屋太凰

土屋さんは、山崎賢人さんとの共演が多く、ファンからは「けんたお」と呼ばれていますし、体育大学出身という運動能力が高いところも推される理由になりますね。

羌瘣(きょうかい)役候補:広瀬すず

個人的には、山本さん、土屋さんと比べてしまうと、やはり力強さや運動能力の点でどうななのかな?と思ってしまいますが。

 

第1作は、結果的には5巻までだったため、羌瘣(きょうかい)が出てくるシーンはありませんでした。

続編では、個人的にはキャスト候補で1番濃厚なのが「山本千尋」さんではないかなと予想しています。

まとめ:キングダム(映画)羌瘣(きょうかい)役キャスト予想は山本千尋が濃厚

映画『キングダム』続編の羌瘣(きょうかい)のキャラクターや性格についてや、その点を踏まえて誰が演じるのかを予想してみました。

羌瘣(きょうかい)は、信を陰で支える副長で、二刀流の女剣士で、作品の中でトップクラスに強い女性キャラです。

そんなキャラクター性やキングダム連載10周年の特別動画で羌瘣(きょうかい)を演じて賞賛されたことから、アクション女優の山本千尋さんを予想したいと思います。

発表を楽しみに待ちましょう!