映画

GARNET CROWの20周年企画の評判は?コナン主題歌も歌うのか?

「名探偵コナンシリーズ」の主題歌を数多く担当していたバンド、『GARNET CROW』をご存知でしょうか。

GARNET CROWは、2013年6月9日にファンに惜しまれながら解散をしたバンドです。

活動に幕を下ろしてから、7年。

しかし、彼らのデビュー日の3月29日に、「GARNET CROW 20th Anniversary企画」がオフィシャルサイトで発表されました。

 

そこで今回は、GARNET CROWがどれだけスゴイバンドだったのか、GARNET CROWのコナン主題歌一覧や20周年企画のネットでの評判や内容をご紹介したいと思います。




 

GARNET CROWとは

GARNET CROWは、男女4人組(中村由利、AZUKI七、岡本仁志、古井弘人)のバンドで、1999年に結成されました。

倉木麻衣の全米インディーズデビュー時のデモテープ作成にメンバー4人が携わり、スタジオ制作を通して意気投合したことがきっかけでした。

中村を除く3人は、バンド結成以前にDEENやZARDの楽曲制作で関わりがあり、中村は、周囲からの薦めで、作曲・ボーカル担当になりました。

楽曲のほとんどがメンバーが担当しており、特に中村さんの曲とAZUKI七さんの詞が、全楽曲の核となっています。

2002年のシングル「夢みたあとで」がヒットするまでは、テレビの音楽番組等には一切出演せず、ライブも行わずにいましたが、ヒットを受けて以降は、テレビなどにも出演するようになりました。

1999年 から 2013年までに発売したアルバムは18作品あり、そのうちメジャー発売された16作品すべてがオリコントップ15に入り、内13作品がオリコントップ10入りを記録しています。

シングルは、34作品の内16作品がオリコントップ10入りを記録しています。

2014年には完全予約生産で、全シングル作品と全アルバム作品、PV、未公開写真集などが収められたプレミアムBOXを通販のみで発売しました。

現在は入手困難なため、オークションなどでも10万円以上の高値で取引されているようですよ。




 

GARNET CROWのコナン主題歌一覧

冒頭でお伝えした通り、GARNET CROWは、『名探偵コナン』の主題歌を2000年から2011年の間に、10曲を担当しています。

アニメ:オープニングテーマ

「Mysterious Eyes」2000年:168話~204話
「涙のイエスタデー」2007年:475話~486話
「As the dew」2009年:565話~582話

アニメ:エンディングニメテーマ

「夏の幻」2000年:205話~218話
「夢みたあとで」2002年:266話~287話
「君という光」2003年:329話~349話
「忘れ咲き」2004年:376話~397話
「世界はまわると言うけれど」2007年:487話~490話
「Doing all right」2009年:530話~539話

劇場版映画:主題歌

「Over Drive」2010年:14作目 『天空の難破船』

 

この一覧を見るだけでも、GARNET CROWの凄さがわかりますよね。

 

GARNET CROWデビュー20周年企画はどんな内容?

2000年3月29日のデビューより13年間、コナンの主題歌以外でも数々の名曲を世の中に出し続けた彼らは、突然の解散発表から7年経った今でも、たびたび話題になっています。

そして、今年2020年3月29日に20周年を迎えるにあたって『GARNET CROW 20th Anniversary企画』が発表されました。

詳細はまだ出ていませんので、わかり次第追記していきます。

 

20周年アニバーサリー企画の評判は?

解散から7年経ち、やはり復活を望む声が多いようですね。

色褪せないメロディーや歌詞は、また今の時代にもマッチしそうですね。

やはり、コナンの主題歌を歌ってくれることを期待する声が上がっていますね。

 

まとめ

GARNET CROWのコナン主題歌一覧や、GARNET CROWがどれだけスゴイバンドだったのか、20周年企画のネットでの評判や内容をご紹介しました。

GARNET CROWの復活を望む声が多く上がっていますが、現時点ではまだ復活の情報はありませんが、ファンを驚かすような企画が発表されることを期待したいですね。