日々の役立つ旬情報をお届けします!

映画事故物件怖い間取りのあらすじと実話ネタバレ見どころ!芸人が住んだマンションとは

 
この記事を書いている人 - WRITER -

KAT-TUNの亀梨和也さんが主演の映画『事故物件恐い間取り』が2020年8月28日(金)から公開されます。

事故物件住みます芸人の松原タニシさんのベストセラーノンフィクション書籍『怖い間取り』の映画化ということで
、実際に住んだ9軒の実体験が映画になっています。。

そこで今回は、映画『事故物件恐い間取り』のあらすじや結末、見どころやネタバレ、実在するSマンションについても調べてみました。




 

映画『事故物件恐い間取り』のあらすじ

ブレイクできないお笑い芸人の山野ヤマメは、テレビ番組出演を条件に事故物件に住み始めることになります。

事故物件とは、殺人・自殺・火災などによる死亡事故があったいわくつきの部屋のこと。

ヤマメが入居した事故物件は、パッと見では、異常な感じはしませんでした。

しかし、その部屋で撮影した映像には、なにか得体のしれない白い物体が映っていたり、奇妙な音
がしたり・・・。

番組は大いに盛り上がり、ネタ欲しさに事故物件を転々とするヤマメ。

しかし人気者になって行く一方で、次々と怪奇現象に巻き込まれていきます。

そしてある事故物件で、ヤマメの想像を絶する恐怖が待っていたのです・・・。




 

映画『事故物件恐い間取り』の見どころ

リングの中田秀夫監督がメガホンをとる

映画『事故物件恐い間取り』は、これまでホラーファンを恐怖のどん底に陥れてきた、映画『リング』でお馴染みの中田秀夫監督の最新作です。

実話ならではの怖さがどのように表現されているのかが一番の見どころですね。

定点カメラの恐怖

松原タニシさんは、事故物件に住む際には、いつも定点カメラを設置しています。

今作もそれを忠実に再現していて、人影や奇妙な音などが映り込むなど怪奇エピソードを実際の間取りと共にストーリが展開するところも臨場感満点です。

主役の山野ヤマメは亀梨和也

主役の山野ヤマメをKAT-TUNの亀梨さんが演じるという事で、ネット上では「ヤマメが亀梨?!」「亀梨くんがホラーは想像がつかない」という声が上がっています。

確かに松原タニシさんと亀梨さんでは、見た目が違いすぎますし、亀梨さんの地のカッコよさは残ってしまいそうですね。

 

映画『事故物件恐い間取り』の実話ネタバレ

映画『事故物件恐い間取り』の結末はどのようになるのか気になりますね。

松原タニシさんの原作では、次のようになっています。

山野ヤマメが事故物件に住むようになってから、1週間が経ったある日、とんでもない事件が襲いかかります。

それは、自分が住んでいる事故物件の前で、自転車に乗っていたところを車にはねられてしまうのでした。

さらに、事故物件への引っ越しを手伝ってくれた仲間たちも、同時刻にひき逃げにあっていたというのです。

松原タニシさんは事故物件に実際に住んでから、死というものを身近に感じることになり、かえって自分が生きているということを強く実感できると考えるようになったそうですよ。

映画では、原作の書籍よりも映像なので、より恐怖感が伝わりやすいので、より恐怖を感じることができるのではないでしょうか。

 

映画『事故物件恐い間取り』の芸人が住んだ実在Sマンションとは?

映画『事故物件恐い間取り』の原作には、「Sマンション」というマンションが登場します。

「Sマンション」は、大阪市浪速区のマンションで実際に凶悪事件があった、いわくつきの物件です。

10階建てで上層階部分だけが黒く、その上層階は違法建築で建増しされた部分で、問題が発覚した後は、閉鎖されているそうです。

事件は、マンション内に侵入した犯人が、被害者の姉が帰宅してドアを開けたところを背後から侵入し、姉をナイフで刺し続けながら性的暴行を加え、さらに帰宅した妹にも胸部にナイフを刺し、複数個所をさしながら性的暴行を加えるという狂気じみた犯行でした。

犯行後、室内に火をつけ逃走しました。

犯人は、殺害の動機を「昔母を殺した時の快楽が忘れられなかった」と供述しており、少年時代に母親を金属バットで殺害した、凶悪犯でもありました。

犯人はすでに死刑が執行され、この事件によって、当時の住人の大半は退去しているようです。

しかし、このSマンションは事件が起きる前からいわく付きだったようで、「幽霊が出る物件」として不動産界隈では有名で、自殺や、女性の霊の目撃情報がもたびたびあったようです。

 

まとめ

映画『事故物件恐い間取り』は、実際の体験談を映画化しているので、今までのホラー映画とは怖さの質が違いますね。

リアルにまさる怖いものはありませんからね。

映画を観たあとは、事故物件でなくても帰るのが怖くなってしまいそうですが、一気に涼しくなれそうです!




この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 旬キャッチャー , 2020 All Rights Reserved.