タレント

平手友梨奈の現在の心境は?脱退の本当の理由と曲名の黒い羊なのかも考察

欅坂46不動のセンターの平手友梨奈さんが突然グループ脱退を発表しました。

ファンならずとも大きな話題になっていますね。

公式サイトでは、鈴本美愉さん、織田奈那さんが卒業、佐藤詩織さんは一時活動休止ということも発表され、SNSでも話題になっています。

 

そこで今回は、欅坂46不動のセンター平手友梨奈さんが突然グループを脱退した本当の理由や現在の心境、曲名黒い羊との関係ついて調べてみたいと思います。




 

欅坂46平手友梨奈が脱退を発表

欅坂46の鈴本美愉さん、織田奈那さんが卒業し、佐藤詩織さんが一時活動休止の発表がありました。

さらに平手友梨奈さんが「脱退」という「卒業」とは異なるニュアンスを込めた発表がされました。

卒業ではなく、なぜ脱退なのか?と脱退の理由がわからない平手さんのファンは、様々な理由を予想しているようです。

 

脱退の意味のファンの予想は?

卒業ではなく脱退ならば、今後も秋元康さんのプロデュースから離れずに、ソロで活動してくれるというファンとしての希望的予想のようですね。

たしかに「脱退」という言葉は、「卒業」という言葉に比べて強い言葉ですよね。

卒業のようなやり切った感がなく辞める、という意味合いがとても強く感じます。

 

平手友梨奈の現在の心境は?

平手さんは、1月23日に放送されたラジオ番組「SCHOOL OF LOCK!」(TOKYO FM)の担当コーナー「GIRLS LOCKS!」で、所属するアイドルグループ「欅坂46」を脱退することについてこう言っていました。

先ほど、欅坂46のホームページで発表ありましたが、私、平手友梨奈は欅坂46を離れることになりました。

その件については、今は話したいと思わないので、いつか自分が話したいと思った時にどこか機会があればお話しさせていただこうかなと思っております。

うーん、なんとも意味深な・・・。

そこには、円満な形で抜けるわけではないというメッセージが込められているように感じてしまいますね。

 

平手友梨奈とメンバーとの関係は?

平手さんは、はメンバー最年少でありながら、デビュー曲の「サイレントマジョリティー」から、シングル8曲すべてでセンターを務めていました。

そのため、発言力が強くなりすぎてしまい、メンバーの間に溝ができてしまったともうわさされています。

その圧倒的な存在感がゆえに、平手さんはグループ内で浮いた存在になってしまい、居場所がなくなっていたんですね。

運営サイドともうまくいかなくなることが多くなり、相談相手も秋元康さんしかいなかったとも。




 

平手友梨奈のあふれる才能

欅坂46の不動のセンターとしてだけでなく、女優としても2018年には、映画『響-HIBIKI-』に出演し、日本アカデミー賞新人俳優賞など、映画賞を総なめにしている平手さん。

そんな才能あふれる平手さんですから、これまでとは異なった活動がしたいという思いがムクムクと顔を出してきたのかもしれませんね。

 

平手友梨奈の「黒い羊」への思い

平手さんは、かつてインタビューで「黒い羊」についてこんなことを言っています。

「欅坂のなかにこの曲があることで、ちょっと救われたじゃないけど、自分のいる意味をなんとなく感じたかもしれないなあ。あ、この気持ちを出せるんだって。

「黒い羊」は白い羊の群れの中の邪魔者をあらわすそうで、欅坂46の中での平手さんはセンターとしての責任のために、自分の本音を言いたいのに言えない、本当の姿を表現したいのにできない自分を「黒い羊」とたとえたかったのかな、と想像してしまうコメントですね。

さらに、脱退発表のあったラジオ番組の終盤では、シングル「黒い羊」が流れました。

平手さんは「この曲は、欅坂46で『黒い羊』です」と紹介したものの、その後約10秒の沈黙がありました。

そして鼻をすするような音が聞こえた後、声を震わせて、押し殺すような声で「というわけで、私とはまた来月この教室で、また明るくお会いしましょう。」と締めくくったのが印象的でした。

これまでの欅坂での5年間を「黒い羊」を聞きながら思い返し、グッとくるものがあったのでしょうね。

関連記事→欅坂46新センターは森田ひかるが最有力?クールな性格と評判まとめ

 

まとめ

今回は、平手友梨奈さんの欅坂46の脱退の本当の理由を調べてみました。

どんな世界でも、合う人、合わない人という人間関係の難しさはありますよね。

さらに、平手さんのように「常にセンター」という才能あるがゆえの他のメンバーからの妬みから関係がぎくしゃくしてしまったことがあったかもしれません。

また、もしかしたら平手さんのメンバーや関係者への配慮が足りなかった部分もあったのかな、などと「脱退」という言葉からいろいろ想像してしまいました。

でもわたしとしては、平手友梨奈さんはアイドルという枠には収まらないで、脱退によって、さらにそのフィールドを広げていってもらいたいと応援したい気持ちです。