映画

映画『記憶屋 あなたを忘れない』の都市伝説は泣ける?原作と映画の相違点や結末もネタバレ

映画『記憶屋 あなたを忘れない』が2020年1月17日(金)に公開されます。

累計発行部数35万部を超えた織守きょうやさんによるホラー小説シリーズ『記憶屋』が原作です。

著者の織守きょうやさんは、現役の弁護士でもあり、「日本ホラー小説大賞読者賞」を受賞した作品ということで、映画も話題となっています。

原作では、「記憶屋」という怪人が登場しますが、映画ではどんな内容になっているのでしょうか。

そこで今回は、映画『記憶屋 あなたを忘れない』の原作小説から結末のネタバレ、映画と原作との相似点などについてお伝えしていきたいと思います。




映画『記憶屋 あなたを忘れない』のあらすじ

原作小説は、「泣ける」「感動する」「切ない」などの口コミが多数あります。

なんだかホラー作品の評価にしては少し珍しい気もしますが・・・。

では早速、映画のあらすじからみていきましょう。

 

吉森遼一(山田涼介)は大学生で、年上の彼女、澤田杏子(蓮佛美沙子)と婚約しました。

しかし翌日から連絡が取れなくなり、数日後にようやく再会しますが、杏子は遼一のことを忘れてしまっていました。

その後遼一は、人の記憶を消すことができる「記憶屋」の存在を知り、幼なじみの河合真希(芳根京子)、弁護士の高原智秋(佐々木蔵之介)らと、なぜ杏子が自分のことを忘れてしまったのかを調べ始めます。

その一方、高原は余命わずかで、ある記憶を記憶屋に消して欲しいと頼んでいたのでした。

やがて遼一は、記憶を消されてしまっていた誰もが、記憶屋のおかげで助けられていたことを知るのです・・・。

 

あらすじを見ての通り、ホラー小説という恐怖感満載の内容ではありませんね。

どちらかというと、都市伝説が絡むミステリーという感じでしょうか。

遼一は「記憶屋」と会うことになるのですが、その意外な正体と、「記憶屋」の切ない思いを感じるラストを迎えます。

Twitterにはこんな投稿もありますから、やはりコテコテのホラーではないようですね。




 

原作の結末は?

では、原作小説の結末はどうなっているか見てみましょう。

 

遼一がたどり着いた真相は、驚くべきものでした。

記憶屋の正体は、なんと幼なじみの真希だったのです。

真希は、遼一に向かって杏子の記憶を消したいかと尋ねます。

それを拒む遼一。

記憶屋は、他人の記憶は消せても、自分の記憶は消せません。

そのために、真希は、好意をいただいていた遼一のことを忘れられずにいたのです。

 

原作と映画の相違点

やはり、原作と映画では異なる点がいくつかあるようです。

遼一と杏子の関係

原作では、サークルの先輩、後輩として、お互い魅かれながらも恋人未満の関係だった遼一と杏子ですが、映画『記憶屋 あなたを忘れない』では、婚約までした恋人という設定になっています。

杏子が記憶をなくした原因を探す人々

原作では、遼一は、大学の先輩で弁護士の高原に相談し、杏子が記憶を失った原因を探しますが、映画では、幼なじみの真希や高原の助手・七海も一緒に調べていきます。

 

映画『記憶屋 あなたを忘れない』は泣けるホラー

一般的にホラーと言うと、血が飛び散るスプラッターのようなイメージや、心理的に追い詰めるような恐ろしいものを想像しますよね。

しかし今作は、涙を誘うストーリーになっているので、いままでになかった新しいタイプのホラーと言えそうです。

 

まとめ

人気ホラー小説『記憶屋』シリーズが、山田涼介さん、芳根京子さん、蓮佛美沙子さん、佐々木蔵之介さんなど、豪華俳優陣がキャストで映画化されます。

記憶屋という怪人により、ホラーの要素がありながらも切なく泣ける展開の新しいタイプのホラー作品ではないかなと思います。

一般的なホラー映画が苦手な方でも、『記憶屋 あなたを忘れない』は堪能できるのではないでしょうか。