日々の役立つ旬情報をお届けします!

映画劇場の山崎賢人の無精ひげが大人?原作者又吉直樹の恋愛観や見どころも

 
この記事を書いている人 - WRITER -

映画『劇場』が2020年4月17日(金)に公開されます。

小説『火花』で芥川賞を受賞した芸人であり、作家でもある又吉直樹さんの同名小説が原作ということで、公開前から注目されています。

又吉さんは、前作『火花』では、お笑い芸人の悲哀を描かれていましたが、『劇場』では、劇団主宰者の主人公のラブストーリーを描いています。

また、主人公の山崎賢人さんの無精ひげ姿も話題になっています。

そこで今回は、映画『劇場』のあらすじや見どころ山崎賢人さんの無精ひげの評判などをお伝えします。

 

映画『劇場』のあらすじ

映画は公開前ですので、原作小説からあらすじをご紹介したいと思います。

主人公の永田(山崎賢人)は、演劇を生業にしている男。

中学時代から仲良くしてきた野原という相棒と立ち上げた劇団『おろか』で永田は演出と脚本を担当していました。

しかし、劇団『おろか』は、公演を重ねるたびに酷評が続き、運営がとても苦しい劇団でした。

そんなことから、永田は劇団主宰者とは名ばかりで、アルバイトでなんとか食いつないでいるというのが実情でした。

 

そんなある日、永田は偶然見かけた女性に声をかけます。

相手にされないと思っていましたが、意外にも永田と仲良くなっていきます。

永田が声をかけた女性沙希(松岡茉優)、服飾系専門学校生で女優を夢見て上京していました。

演劇で意気投合した永田と沙希は、やがて沙希の家で同棲生活をすることに。

永田はヒモのような生活を送りながら、沙希よりも、演劇のほうに熱心になり過ぎたことで、やがて2人の関係に難色が・・・。

 

映画『劇場』の見どころ

又吉直樹の恋愛観

又吉さんの前作、映画『火花』は、主人公が又吉さんと同じお笑い芸人でしたが、今回の主人公は劇団主宰者ということや、恋愛ストーリーということからも、又吉さんのちょっとシュールな恋愛観が垣間見えるのではないかなと思います。

 

「恋愛小説と呼べるものになっているかすらもわかりません。

ただ、若くて未熟な二人がともに過ごしたどうしようもない時間を必死で書いているうちに、作家のわずかな能力を超えて濃密な風景が幸運にも立ち上がったと感じています」

とコメントされていていることからも、又吉さんの恋愛観から見た主役の2人の様子がどのように映像化されているか、というところも見どころのひとつとなりそうですね。

山崎賢人の無精ひげが大人?

周囲と協調できない不器用な主人公の永田役を山崎賢人さんが演じますが、今回の映画のために生まれて初めて無精ひげを生やしたそう。

無精ひげ姿もなかなか好評のようです。




劇団員あるあるも

又吉さんは、執筆するにあたって劇団関係者などへの取材を繰り返したそうです。

演劇の世界にいる人、目指す人の「あるある」エピソードもふんだんに描かれているようです。

例えば、永田に限らず、演劇の世界の人たちはみな、根拠のない自信、うまくいかないことへの焦燥感、成功者への妬みなどを大きさはともかく持っているそうです。

それが、一度ぶつかると始末に負えません。

永田が、劇団『おろか』で唯一の女性団員の青山と、ののしり合い、激しく感情をさらけ出してぶつかり合う姿は、典型的な「あるある」だそうですよ。

 

映画『劇場』の結末をネタバレ

原作小説での結末はどのようになったのか、少しだけネタバレしたいと思います。

沙希は専門学校を卒業して、働き始めます。

一方永田は相変わらずで、仲間をねたんだり、さらに焦りが出始める始末。

永田は、沙希の家から出ていき演劇に集中しますが、これまで沙希のことを都合よく対応してきたことから、2人の仲に亀裂が入ってしまいます。

やがて沙希は、永田と別れることを決め、親の勧めで地元に戻り、あらたなスタートを切ります。

 

沙希は、就職した地元企業での研修が終わった後、アパートに残した荷物を片付けるため1日だけ東京に来て、永田と再会します。

永田はようやく沙希に対していままでのことを謝りながら、それでもまだ、夢見がちなことを話していくのでした。

話している沙希の言葉をさえぎり、夢をまくしたておどけ続ける永田。

これにはとうとう、沙希も笑い出してしまうのでした。

 

まとめ:主人公の印象的な言葉も

映画『劇場』のあらすじや見どころをご紹介しました。

「一番会いたい人に会いに行く。こんな当たり前のことが、なんでできへんかったんやろな。」という永田の言葉が印象的でした。

当たり前のことを当たり前にできないからこそ、思うように生きていくのは難しい、だけど楽しさもあるのかもしれませんね。




この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 旬キャッチャー , 2020 All Rights Reserved.