日々の役立つ旬情報をお届けします!

akippa(アキッパ)で駐車場オーナーになる登録方法を徹底解説!主婦でも副収入を得る手順

2019/11/26
 
この記事を書いている人 - WRITER -

最近、なにかと話題の副業や副収入。

大手企業が副業を解禁する動きがあったり、「もう少し収入があったらいいのにな・・・」なんて副収入を探している方も多いようです。

そんなことから、使っていない車や家、服などのシェアリングサービスを利用して本業以外でお金を稼がれている方も増えていますよね。

シェアリングサービスは、自分が持っているものを貸すだけなので、資金や店舗などは一切必要なく、手間もかからないため、サラリーマンの副業としてもとても人気です。

わたしも、「何かやれることがないかなあ」とずっと探していました。

そこでみつけたのが、駐車場シェアサービスのakippa(あきっぱ)

自宅にある駐車場を手軽に貸し出すことができるサービスです。

今では、わたしの収入源のひとつになっています!

そこで今回は、

  • akippa(あきっぱ)の駐車場シェアサービスの登録方法や費用
  • 主婦でもできるakippa(あきっぱ)で副収入を得る方法

などについてご紹介したいと思います。

akippa(あきっぱ)とは?

akippaとは、akippa株式会社が2014年に開始した、駐車場を借りたい人(ユーザー)と貸したい人(オーナー)をマッチングさせてくれる駐車場シェアサービスです。

ユーザーは、akippaの専用アプリを使えば、オンライン決済で簡単に自分が好きな駐車場を15分単位で利用することができ、オーナーは利用された分のお金をもらうことができる仕組みになっています。

ユーザーとオーナー双方の満足度が高いことから、利用者数は120万人を超えており、業界1位の駐車場シェアサービスになっています。

そして、akippaでシェアされている駐車場の数は、なんと!31,000以上もあり、現在も駐車場を貸したいというオーナーがどんどん増えています。

akippaの特徴

では、登録する前に、akippaの特徴を見てみましょう。

初期費用無料

駐車場を経営しようと思うと、精算機や看板などの設備などにお金がかかってしまいますよね。

しかし、akippaなら空いている駐車場があれば、スマホで全てを管理できるので、工事や準備などは一切必要ないんです。

そのため、初期費用は一切かかりません。

また、運営するための月額費用もかからないサービスなので、駐車場さえ空いていれば、誰でも気軽にオーナーになることができます。

サポートが万全

シェアサービスは、個人間での貸借りになるので、トラブルがつきものです。

そのため、ユーザーとオーナーの直接のやりとりは禁止されています。

もし、何かトラブルが起こった場合は、akippaは24時間365日体制でのサポートしてくれるので、そちらに問い合わせをすれば、いつでも対応してくれます。

また、トラブル以外でも利用していて何かわからないことがあった場合も、丁寧にサポートしてくれるので気軽に相談できます。

バイク1台分のスペースがあればできる

akippaは、車だけでなく、バイクの駐車場シェアも行っています。

ですから、バイク1台置けるスペースさえあれば、オーナー登録をすることができます。

駅の近くなど、立地が良ければかなり需要がありますから、「狭いスペースしかないけどお金を稼ぎたい!」という方にもおすすめです。

認知度が高い

「朝日新聞」「とくダネ!」「ガイアの夜明け」など、さまざまなメディアで紹介されており、認知度も急上昇中なんです。


akippaで駐車場を貸してみる>

オーナーになるための登録方法

オーナーになるための登録は、とても簡単です。

登録から駐車場を貸し出すまでの流れは、以下の通りです。

1.情報を登録する

登録フォームから氏名や電話番号、メールアドレスなどのオーナー情報と住所と駐車スペースのサイズ、写真などの駐車場情報を登録します。

2.貸出希望日を登録する

情報の登録完了後、駐車場を貸し出したい日時を登録します。

好きな日と好きな時間に駐車場を貸し出せるので、「きょうは、友達が遊びに来るから駐車場を空けておきたい」なんてときも大丈夫です!

3.審査を待つ

akippa株式会社が登録情報を確認し、審査をします。

4.貸し出し開始

審査が通ったら、駐車場がakippaのアプリ内に掲載されるので、ユーザーに貸すことができるようになります。

スタジアムや野球場など人気のエリアは高収入に!

akippaでは、人気のスポットが近くにあるかどうかで収入も異なります。

人気スポットの近辺は駐車料金も高額ですし、満車で車をとめられない!なんてことも多いですよね。

そんな場所にかぎって、お巡りさんの路上駐車取り締まりも厳しいし。

だから特に、スタジアムやコンサート会場周辺に空きスペースがある人は、ビッグチャンス!なんですね。

akippaで主婦のわたしはいくら稼いでいるのか?

「でも、わたしのところの近くには人気スポットなんてないし~」と心配にならないでくださいね。

人気スポット以外でも、意外と借りたい人はいるものなんですよ。

  • 友人や親族の家に行きたいけど、駐車スペースがない
  • 得意先に行きたいけど、得意先に駐車場がない

など、いろいろなケースがあるようです。

わたしは自宅の駐車場スペースを貸していますが、駅から5分ほどの場所にあるため、自宅が駅から離れている方が電車に乗る際に車を置いていくために利用されたり、近くに学校があるため、PTAの集まりなどで学校内に駐車できない父兄の方々が利用されたりしています。

また、出張か観光にいらした方かな?と思われる他県ナンバーの方が1週間ほど続けて停めていかれることもあります。

収入としては、何もせずに、毎月5,000円ほどになっていますので、なかなかオイシイのではないかと思います。

2019年9月 akippaからの振込

 

akippaのサイトには、わたしと同じように「意外な需要を発見した」とおっしゃっているオーナーさんのコメントが紹介されていました。

(akippaHPより)

まとめ

akippaの駐車場オーナーに登録する方法と実際に主婦のわたしが貸し出しで得ている収入をお伝えしました。

ご主人が車で会社に行っている昼間だけ貸し出している友人もいます。

費用もかかりませんから、登録しておいて損はないですよね。

あなたもakippaで空いている駐車場を貸して副収入を得てみませんか?


akippaで駐車場を貸してみる>

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 旬キャッチャー , 2019 All Rights Reserved.