日々の役立つ旬情報をお届けします!

りんごちゃんの意外な交友関係を暴露!生い立ちや性格についても 

 
この記事を書いている人 - WRITER -

「ミュージック、スターティン!」という可愛らしい掛け声と共に流れ出すのは、海援隊の「贈る言葉」。

そして、「暮れ〜なず〜む町の〜」 と野太い声で歌いだすりんごちゃん。

もうそれだけで、スタジオ中が大爆笑という、2019年ブレイク芸人第1位の注目のものまね芸人のりんごちゃん。

可愛らしい見た目からは想像できない、いきなり豹変して男らしいものまねをする姿についつい目を奪われてしまいますよね。

しかも、ニューハーフだったなんて…。

今回は、そんなりんごちゃんの生い立ちや性格意外な交友関係について調べてみたいと思います。




 

りんごちゃんのプロフィール

まずは、気になるりんごちゃんのプロフィールをご紹介したいと思います。

  • 芸名:りんご
  • 本名::非公開
  • 性別:男
  • 生年月日:1988年6月26日
  • 出身:青森県十和田市
  • 所属:イマーゴプロモーション
  • 学歴:青森県立三本木農業高校
  • 趣味・特技:歌、カラオケ

りんごちゃんの性別は男性で、れっきとしたニューハーフです。

りんごちゃん曰く、以前はとても痩せていたそうで、より女の子らしかったそうですよ。

所属事務所であるイマーゴプロモーションは、日本の芸能プロダクションの中で、ニューハーフの方が一番多く在籍している事務所です。

りんごちゃんの芸はモノマネで、登場する際は、お姫様のようなフリフリの衣装を身にまとい、外見からは女の子らしい曲をモノマネするのかなと思えば、曲がかかると一変して、井上陽水さんや武田鉄矢さんといった渋い曲を太い声でモノマネするという、見た目とクオリティの高いモノマネスキルが相まって面白いのでしょうね。

 

りんごちゃんの生い立ち

芸名の由来は青森から

りんごちゃんは、青森県の十和田市出身で、高校まで十和田にいたようです。

りんごちゃんと言う芸名も、青森の名産のりんごからつけたそうですよ。

その後上京し、ブレイクした今でも勤務しているショーパブでは、RINGOという名前で活躍されています。

 

実家は中華料理店「順風」

りんごちゃんのご実家は、青森県の十和田市で中華料理店「順風」を経営しています。

「順風」はチャーハンが特に人気で、美味さと提供の速さで定評があるお店です。

食べログでも「開店直前ですでに駐車場が満車」というくらいの評判のお店のようですよ。

りんごちゃんはお料理上手とのことですが、きっと子供のころから実家の中華を食べてきたからですね。

「大好物はチャーハン」とブログにも書かれているくらいなので、実家のチャーハンはさぞかし美味しいのでしょうね。




 

りんごちゃんの性格

りんごちゃんは、人の悪口は絶対に言わないことにしているそうです。

性格が良さそうに見えるのは、そんなところからだったんですね。

でも、りんごちゃんだってもちろんストレスが溜まることもあります。

そんな時は、ガラケーに悪口を打ち込んでスッキリするそう。

打ち込むときは女の子言葉なのか、男言葉なのか、ちょっと気になりますね。

テレビ番組では、「ガラケーは毒リンゴ」とかわいく誤魔化していましたが、そんな言い方からも、性格の良さがにじみ出ていますね。

 

りんごちゃんの意外な交友関係

りんごちゃんには、意外な交友関係があります。

高橋メアリージュンさん、ユウさん姉妹とは一緒にカラオケに行く仲のようです。

ユウさんとK-1元世界王者の卜部弘嵩さんの披露宴にも出席するほど仲良しなんですね。

出典:りんごちゃオフィシャルブログより

 

ここに行けばりんごちゃんに会える:銀座Corvette.

りんごちゃんはいま話題の芸人ではありますが、芸能界の仕事だけではなく、人気の出た今もニューハーフとして夜のお店で働いていることを公言しています。

りんごちゃんが勤務しているお店は、

  • 店名:ニューハーフショークラブ『銀座Corvette.(コルベット)』
  • 住所:東京都中央区銀座8丁目5-6 中島商事ビルB1F
  • 料金:基本料金5000円
    指名料金3000円
    場内指名料金2000円
  • ショータイムの時間:1st stage 21時から
    2nd stage 23時から

です。

お店に働いているからか、自然にモノマネのレパートリーは500を超えるといいます。

また、りんごちゃんはお店で、モノマネを披露するだけではなく、ダンスを披露するこもあるそうですから、生のりんごちゃんのダンスも見てみたいですね。

 

まとめ

2019年大ブレイクしたりんごちゃん。

個人的には、とても性格が良さそうなので、見た目と歌声のギャップのように、第2のマツコ・デラックスやミッツ・マングローブのように辛口のお話をしてくれるようになったら、さらに面白いじゃないかなと思っています。

2020年も、さらに多くの番組に出演してお茶の間をにぎわしてほしいものですね。



この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 旬キャッチャー , 2019 All Rights Reserved.