映画

映画仮面病棟のあらすじとピエロの正体は?タイトルの仮面の意味することも

映画『仮面病棟』が、2020年3月6日(金)に公開されます。

知念実希人さんの累計発行部数100万部超えのベストセラー『病棟シリーズ』が、映画化されたものです。

元精神病院を舞台に、次々と不可解な出来事が起こるミステリー作品なので、ハラハラドキドキの展開が楽しめそうな映画です。

そこで今回は、映画『仮面病棟』の原作小説からのあらすじやネタバレ、登場するピエロは何者なのかについてもご紹介したいと思います。




 

映画『仮面病棟』のあらすじ

外科医の速水秀悟(坂口健太郎)は、先輩医師の小堺司(大谷亮平)からいきなり夜勤を代わって欲しいと頼まれるところから物語は始まります。

当直先は田所病院です。

そこは元精神病院で、療養型の病院として高齢者や老衰など恒常的治療が必要な患者や身元不明患者も受け入れる病院でした。

そのため、治療費の大半が公費で賄われていました。

速水は、そんな田所病院で当直をしていたところに、不運が襲い掛かります。

ピエロの仮面を被った凶悪犯が、病院の職員と患者たちを人質に立てこもります。

さらに犯人は、女子大生の川崎瞳(永野芽郁)を撃っており、自分が撃った彼女を治療するように速水に要求し、無事に治療を終えます。

しかし、逃げ出さないように1階に移動する内階段が閉鎖され、誰も病院から脱出できない状態になってしまいます。




仮面病棟のネタバレ:タイトルの意味する仮面とは?

1つ目の仮面:ピエロの正体

ピエロの仮面を被った犯人に女子大生が撃たれ、病院が占拠されると、速水は警察に通報しようとします。

しかしなぜか、院長の田所三郎(高嶋政伸)は通報に消極的です。

やがて看護師の佐々木香(内田理央)が亡くなり、速水は通報しようとしますが、「病院内では天涯孤独な患者から
臓器が取られていた」という驚愕の事実を知ります。

そんな病院を襲ったピエロの正体は、かつて病院で働いていた理学療法士の宮田勝仁という男でした。

宮田の恋人は、病院の移植手術の被害にあっており、復讐に燃えていたのです。

つまり、宮田が田所病院にやってきたのは偶然ではなく、身体を切られ腎臓を取り出された恋人の復讐のために、最初から計画されていたことだったのです。

宮田は、速水が当直する夜、病院に入る際に挨拶をして退勤して行った人物だったことがわかります。

彼は命を捨てる覚悟で事件を起こし、不正手術の証拠を掴んだところで、速水と協力し警察に通報し、世間に病院の悪行を知らせる目的を達成します。

また、宮田は瞳に操られていた駒にすぎませんでした。

瞳自身も臓器移植で病院から被害を受けていて、宮田を利用して病院に復讐してから、最後は口封じのために宮田を殺し、姿をくらましたのでした。

ということで、この病院に勤めていた男、宮田がピエロの正体でした。

2つ目の仮面:病院の秘密

田所病院は、療養型病院として、身元不明の患者や身寄りのなり患者を積極的に受け入れている病院です。

患者に救いの手をさしのべている良心的な病院と言える反面、実はその裏にある目的が明らかになったとき、この病院の仮面が剥がれます。

  • 院長の田所三郎は、経営状態が芳しくなかった
  • 看護師の東野良子は、子供の進学費用が必要だった
  • 看護師の佐々木香は、男に騙されて多額の借金があった

という理由から、秘密の手術によって大金を手に入れていました。

3つ目の仮面:女の化粧

「女は化粧によって別人になれるんです。」

このセリフは、銃で撃たれた女・瞳の言葉です。

ラストには、瞳はどんな素顔を隠していたのか、化粧でどのように装っていたのかが仮面が剥がれます。

 

4つ目の仮面も?

一見、事件とは無関係にみえる先輩医師の小堺ですが、なぜ当直を代わったのか?

物語のラストに、秀悟は生体腎移植には2人の医師が必要だということに気付きます。

しかし、田所病院の医師は田所院長ひとりしかいませんでした。

ならば、秘密の手術に関わっていたもう1人の医師は誰なのでしょうか?

考えられるのは、本来なら事件の日に田所病院の当直を担当するはずだった小堺だけですね。

 

 

まとめ

原作者である知念実希さんは、小説家であると共に、実はお医者さんでもあります。

そのため、病院内の様子などもとても緻密に分かりやすく描かれているようです。

映画が原作小説とすべて同じかは不明ですが、もしも同じだったとすると、どうしてこのような映画タイトルだったのかがよく分かりますね。

映画のストーリーが進むうちに次々と仮面が剥がれていくので、サスペンスの要素が満載ですが、病院の医療倫理も含ませた社会派の作品でもあるようです。

あなたは、いくつの仮面をみつけられますか?