日々の役立つ旬情報をお届けします!

イリュージョニストHARA(原大樹)はリモートマジックも!過去の経歴や結婚しているのかも

2020/07/07
 
この記事を書いている人 - WRITER -

最近は、イリュージョンにはまってドラマダムです。

ラスベガスやドバイなど世界中を飛び回ってイリュージョンで人々を魅了している、若きイリュージョニストのHARA(原大樹)さん。

世界各国からオファーがくるほど、エンターテイメント性の高いマジックを披露しています。

そんな彼は、

  • どういうきっかけでイリュージョニストになったのか
  • マジックはどのように創作しているのか
  • ご結婚されているのか
  • 日本で公演を観ることができるのか

など、気になることを調べてみましたのでご紹介したいと思います。



原大樹(はら ひろき)さんのプロフィール

本名:原 大樹(はら ひろき)
生年月日:1990年4月16日
出身:奈良県 十津川村
所属:アミューズ
学歴:カレッジ オブ サザン ネバダ
趣味:SUP

イリュージョニストHARA(原大樹)の過去の経歴

原さんは、世界遺産の 「熊野古道」でも知られる熊野地方がご出身で、お父様は造形作家、お母様は歌手の芸術一家に生まれました。

5歳のときにお父様の個展で東京に行った際に、井の頭公園で見たピエロのマジックに衝撃を受けたそうです。

住んでいる場所が秘境だったため、近くにはマジック教室はなく、TVのマジック番組をビデオに録画し、それを擦り切れるまで見て独学でマジックを学んだそうです。

そのわずか数年後には、国際大会で史上最年少で入賞されます。

天才少年マジシャンとして数多くのTVやイベントに出演する傍ら、海外に進出。

次世代のスターマジシャン発掘のためのアメリカ・ラスベガスで開催された、世界大会ティーンズ部門にてグランプリを受賞し、日本人初の快挙を成し遂げました。

ラスベガスで優勝後、海外からの出演オファーが殺到し、マジックの殿堂といわれるハリウッドの「マジックキャッスル」にステージ マジシャンとして日本人史上最年少でゲスト出演されました。

世界が絶賛するマジックはどのように創作しているのか

原さんは、和歌山の田舎にご実家があり、現在はご実家とは別にマジック用に一軒家を借りていらっしゃるそうです。

新作を作る時はそこで作り、ある程度出来上がったら東京で仕上げるそうです。

「どれだけ大ボリュームで音楽を流しても苦情はこないし、煮詰まったら目の前が川なので、夏場はそこで泳いでリフレッシュして……自然が創作の源になっています。」

とお話されています。

自然が大好きで、自然からインスピレーションを感じるんでしょうね。




現在のイリュージョニスト原大樹になった種明かし

原さんは、幼少の頃、幼稚園には行っていなかったそうです。毎朝、お母様がお弁当を作ってくれて、それを持って田んぼや山に遊びに行っていたそう。

自然の中で自分で遊びを見つけたり、川で溺れて死にそうになったりして自然の脅威も学びながら育ったそうです。

いまどき型破りな子育てをなさるご両親だったんですね!

「子供の時は、なんでこんな不便な所で生まれたんだろうって親を恨みました(笑)」

とおっしゃりながらも、

「東京で同年代でマジックやっているコは有名なマジシャンに手取り足取り教えてもらって、親に道具を買ってもらっていたけど、私の道具は父親と一緒に木を削って作ったもので…(笑)。でも、これまでのことを振り返ってみると、プロの人に弟子入りすると、“これはこれでいいんだよ”と、そこで考える事をやめ、終わってしまうと思うんです。でも私の場合、答えがないので常に試行錯誤を繰り返し、飽くなき追求心でトライしていったので、それが一番良かったのだと思います。」

と振り返っています。

自然の中で育ち、その体験や経験が現在の原さんになったと種明かしをしてくれています。

「自然」と「和」を取り入れたパフォーマンスに世界が注目

マジックでは、手の中から次から次へとカードが出てくるというネタがあります。

海外のマジシャンはそのカードをどんどん下に捨てていくのですが、原さんはカードが手からサラサラと落ちていき、散っていく桜をイメージしてやっているそうです。

マジックをやっている原さんのバックでは紙吹雪が舞い、その様は、幼少期の春に山で桜が咲いて散っていく時の儚さをカードで表現しているそうです。

きっとそんな「自然」と「和」を取り入れたパフォーマンスが、世界中から称賛を受ける種明かしなのかもしれませんね。

原さんは結婚してる?奥様はどんな人?

先日、原さんはTwitterで令和婚を報告されています。

世界一周クルーズで出会ったなんて、ステキ~!

奥様の応援もあれば、一段とマジックの技も磨かれますね。

イリュージョニストHARAはリモートマジックも

新型コロナでマジックの公演も難しい現在ですが、なんとHARAさんは、リモートマジックまでもやってしまいます。

テレビ朝日の『これって私だけ?』でリモート出演でスタジオ内のゲストにトランプやお札でマジックをしていましたよ。

スタジオの姫が頭の中で考えた数字をリモート出演のHARAさんが見事に的中!

ここまでくると、マジックというより超能力師と言う感じで、DAIGOさんを彷彿とさせる感じもしますね!

まとめ

「これからもマジックで人を笑顔に、幸せにしてあげたいという気持ちを持ち続けながら活動していきたい。」とおっしゃっている原さん。

原さんのパフォーマンスを見ていると、表情の豊かさとこちらを引き付けるしなやかな動きが感じられます。

今後も、和と自然を融合したマジックをますます進化していっていただきたいと思います。




この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 旬キャッチャー , 2019 All Rights Reserved.